The Charetered Institute of Public Finance and Accountancy, Japan Branch





CIPFA 日本支部〔ガバナンス〕

CIPFA Japan Branch は、日本国内での活動主体として法人格を取得し、一般社団法人英国勅許公共財務会計協会日本支部()として2014年に設立されました。日本支部は、地方監査会計技術者を正会員とする組織です。支部の運営は、下記のガバナンス構造に基づいています。

Constitution

CIPFA本部と石原俊彦教授(関西学院大学)は、CIPFA Japan Branch の設立に関する協定書を締結しています。この協定書は Constitution と称し英文で作成されています。Constitutionは、CIPFA Japan Branch に関する最高法規で、日本国内で作成された定款よりも上位の規定として位置づけられます。

定款 

定款は、日本国内でCIPFA Japan Branch の法人格を取得するために設立された一般社団法人英国勅許公共財務会計協会日本支部の最高規約です。定款はConstitutionの下位に位置づけられます。

会員規則

会員規則は、一般社団法人 英国勅許公共財務会計協会日本支部の社員である地方監査会計技術者が遵守しなければならない規範です。

共同創設者の示唆

一般社団法人英国勅許公共財務会計協会は、CIPFA Japan Branchが日本国内で法人格を取得した団体です。CIPFA Japan は、Constitution に記載されているように、CIPFAと関西学院大学石原俊彦研究室との信頼関係に基づき設立が認められています。このため会員規則では、すべての会員に共同創設者(Steve Freer 氏と関西学院大学石原俊彦教授)の示唆に沿った組織運営を尊重することが求められています。

規則と細則

支部の運営に関する詳細な取り決めは「規則」とその下位の「細則」に定められています。「規則」と「細則」は支部長が作成し、理事会に報告報告の後、効力を発揮します。規則や細則に定められていない事項は、定款の規定により代表理事(支部長)が意思決定をして執行を行います。

CIPFA 日本支部〔財政状況〕 決算書と監査報告書

日本支部の会計年度は毎年8月1日から7月31日です。各年度の決算書は監事が監査を行ないます。監査報告書と決算書(収支計算書)は会員総会に提出され承認されています。

第1期 2014年7月18日~2014年7月31日〔収支ともにゼロ〕
第2期 2014年8月 1日~2015年7月31日 
第2期 決算書 監査報告書
第3期 2015年8月 1日~2016年7月31日 
第3期 決算書 監査報告書
第4期 2016年8月 1日~2017年3月31日
第4期 決算書 監査報告書
第5期 2017年8月 1日~2018年7月31日
第5期 決算書 監査報告書
第6期 2018年8月 1日~2019年7月31日
第6期 決算書 監査報告書
第7期 2019年8月 1日~2020年7月31日
第8期 2020年8月 1日~2021年7月31日

CIPFA 日本支部 Management Team FY2018-FY2019

Founder 創設者
スティーブ・フリーア Mr. Steve Freer
 CIPFA 前事務総長 
石原俊彦
 関西学院大学大学院経営戦略研究科教授 博士(商学)
 CIPFA Council Member CIPFA 本部理事
理事
石原俊彦 支部長  関西学院大学ビジネススクール教授
井上直樹 副支部長 福知山公立大学地域経営学部教授
武久顕矢 副支部長 岡山県瀬戸内市長
遠藤尚秀 副支部長 大阪市立大学大学院都市経営研究科教授
関下弘樹 総務理事 福山大学経済学部専任講師
飯田哲也 財務理事 税理士
細海真二 財務理事 民間企業
酒井大策 業務理事 常葉学園大学経営学部専任講師
行正彰夫 登録理事 岡山市役所
松尾亮爾 国際理事 熊本県庁
荒木利雄 国際理事 龍谷大学 総務部長
監事
西尾宇一郎 関西学院大学大学院経営戦略研究科教授
公認会計士 税理士

機関誌編集委員会
委員長   石原俊彦 
編集長   酒井大策
副編集長  荒木利雄
編集委員 遠藤尚秀 梅村仁 関下弘樹 行正彰夫 松尾亮爾 AKHTER Taslima

CIPFA 日本支部 設立の貢献者

エイドリアン・プラム博士(Dr. Adrian Pulham)は長く、英国勅許公共財務会計協会のメンバーシップ担当局長として活躍されました。日本支部設立の実務において博士から頂いたご厚情も格段のものでした。プラム博士のパートナーであるメアリー・クリーク(Ms. Mary Creagh) 氏は以前、英国労働党の下院議員(MP)で、これまで影の内閣「国土交通大臣」や「外交担当大臣」(Shadow Secretary of State for International Development)を務められています。2014年の労働党党首選挙では、最後まで党首候補として選挙キャンペーンの中心においででした。プラムご夫妻からは常に、CIPFA日本支部の発展にむけたエールをいただいています。〔Dr. Adrian Pulham 氏から日本支部設立に向けたVIDEOメッセージ:プラグインの関係で動画の閲覧ができない場合があります〕